なるぶろ

2017 10
09 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 → 11
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 スポンサー広告 コメント(-)
オッサンの恋愛話(その4)
さて、話を続けるとしますか。

「なるちゃん、面白いら友達紹介してあげる」

そー来たか、と思う間もなく、完全に思考の停止した俺は、
とても素直な人になっていた。

「うん。ありがとう。で、いつ紹介してくれるの?」

あほか俺は。
なんでそこで、君が好きなんだぐらいのことが言えないけ?
頭の中が真っ白になって、しどろもどろになりながら、
次の連絡の約束だけして電話を切った。

そして、なんともモヤモヤした数日を過ごしたのち、
その後連絡を取り合って決めた、こじゃれたレストランで
「紹介の儀」がしめやかに執り行われようとしてた。

先に入ってお茶をしているという彼女らの元に、
晴れない気分で近寄ってくと、やっぱり魅力的な彼女と、
その横で軽く微笑んでいる女性が座っていた。

あれ?

つづく。。。



スポンサーサイト
 未分類 コメント(9)
オッサンの恋愛話(その3)
さて、話の続きをしよう。

そんな寂しい思いを繰り返すコンパも、数を重ねるごとに更に寂しさを増し、
アルコールに弱いのに「飲めりゃいいや」と半ばあきらめが入ってきたころ、
同じくコンパでその女性と出会った。

つづく。。。



 未分類 コメント(8)
オッサンの恋愛話(その2)
前回の続きだよ。

桜井君に似ていたことで(ちなみに本人は似ていないと思っている。念のため。)
おいしい思いをしたことは、残念ながら一度も無い。これっぽっちもない。
奥手でシャイでトークの苦手な俺は、
隅っこで弱い酒を飲みながら、盛り上がっているツレ(イケメン多し)を横目に
ニヤニヤしているのが精一杯だったからなのかもしれない。
まぁ、そんなことはよいとして、
俺にとって、そんなうだつの上がらないコンパを繰り返しているうちに
ある女性と出会うことになる。

つづく。。。


 未分類 コメント(6)
オッサンの恋愛話
オッサンの恋愛話を読んでもおもろないかもしれないが、
引き続きまして、東京都のカプリコさまからのリクエストにお応えします。

あれは、そう、こんな俺でもピチピチのサラリーマンだった頃の話だ。
当時、俺は仕事も頑張っていたんだが、同時に合コンも頑張っていた。
学生バリに、誘われる合コンにはフル参戦し、
男女の間に起こりうる、いろんな期待に胸とその他を膨らませる日々を送っていた。

自分で言うのもなんだが、当時の俺は、
「抱かれたい男No.1」のミスチルの桜井君によく似ていて
(初対面の女性には必ずといっていいほど始めに「似てるよねぇ~」って言われた)
それはそれは良い思いをできたんだろうと察するかもしれないが、、、

つづく。。。

 未分類 コメント(6)
三重県について(かぷりこさんからのリクエスト)
うーん、
三重県について書こうと思ったんだが、
正直、住んでる市のことしか知らないのさw
で、俺でも知ってる(たぶん皆も知ってる)三重のことを書こうと思うんだ。

三重県はこんな感じです。南北に長く、細長いです。

きっと、東海地区に住んでいない人だと、
ぱっと思い浮かばないほどマイナーな県だと思う(俺だけかもしれない)

でもね、意外とみんなが知ってるものがあるんだよ。

・鈴鹿サーキット
・伊勢神宮
・亀山の液晶 (シャープのアクオスの亀山モデルねw)
・鳥羽水族館 (これはマイナーかな)
・鳥羽一郎
・伊賀の忍者 (かぷちゃん好きだよねw)

あと、関西の人は知っていると思われるもの

・ナガシマスパーランド (長島温泉ねw)
・なばなの里 (ライトアップが有名だと思われ)
・二見シーパラダイス(たしかアッカンベーをするアザラシがいると思う)
・スペイン村

食べ物だと、

・赤福
・松阪肉
・はまぐり
・伊勢海老

。。。

俺の知ってる(引っ越してまだ10年)三重県はこんなところかなぁ、、、

田舎だけど、住みやすくて、いいところだよ。

#ぜんぜん三重県のことがわかっていない、ということがわかりました。
#さらに、このテンプレだと、ごく普通のブログになってしまうことがわかりました。



 未分類 コメント(9)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。